スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士登山フィルム写真

2005/09/06 Tue

良い天気
【五合目到着】

 馬クンくさい
【まだまだ五合目 まだまだ平坦】

ワンダーフォーゲル部を真似して装備完了
【六合目_雨がポツポツ】

 岩場危険
【頂上はどこー上の方まで見える】

雨ですべらないように気をつけて
【予想外に岩場が多い~】

 心臓ばくばく
【七合目_酸素きもちい~】

山小屋前のベンチは安息の場所
【七合目_標高2,800mって書いてあるね】

 雲がぐんぐん動いてた
【八合目_トイレの使用料とご来光とはやじ】

雲の形も富士山
【下山開始_空の上の辺りでは雲は昇ることを知った】

 湖いくつ見えたかな
【下界を雲間から覗く】

だんだん酸素が濃くなってくる
【ルルルール ルールールー♪(ラピュタのテーマ)】

 酸素いっぱい出してね
【火山灰に緑は映えるね】

富士登山をふり返り

2005/08/29 Mon

8合目-2005_08_22_05:08


↑朝5時、山小屋の前からご来光が顔を出した
雨は止んだけど風の強さと寒さは変わらず、でも拝めないと思っていたから頂上に行けず待機していた大勢の宿泊者がオーッ!キャー!と賑やかに外に出て写真を撮りまくり。

なんとかご来光も拝めて気分も良くなり、空も明るくなったのですぐ下山することに。
最初は楽しいと思った。でもものの10分位で「下山もつらい~!」とガックリ。
赤茶レンガ色の砂利ジグザグ坂道を、たまに思いがけず滑っちゃったりしつつ下っていく。
昨日からの足の疲れと、足首まである登山靴の下りの歩き難さ、そして私の根性レベルはとうにゼロを振り切ってマイナスで。ボロボロー。
しまいには、「なにしてるんだろう病」発症。

5合目まで辿り着き、家に着き、一週間が経ち思い出をふり返ってみれば、

もう行くまい

天気が良ければ違ったのかな。どうかな。
でも酸素が少ないところには行っちゃダメだ。
山小屋で寝ていた時、急に頭がグワンと回って吐き気がして廊下の途中で倒れこんだ時、助けてくれたおばさんに「さんそ…さんそ…」と告げていた自分。
無残すぎる

はやじは山に強い。ひとりなら登りも下りも、もっとはやいペースで行けるはず。
私はハイキングかピクニックにしておこう

ぎぶあっぷ

2005/08/22 Mon

頂上でご来光をみるなら宿を出発しなきゃいけない時間だけどそとは暴風雨

とてもじゃないけど頂上をめざすのは無理なんで今回は日の出を待って下山することに

悲しいけど新宿から二時間半でこれるわけだし今回はあきらめよう

by はやじ

5.おやすみなさい

2005/08/21 Sun

肺が苦しいー。
酸素缶中毒になってる~~。
バースデーディナーの山小屋カレーも食べ、ご来光に向け、冷たく湿ったお布団で就寝。
海抜3,250mよりおやすみなさい。

4.山小屋より

2005/08/21 Sun

8合目-2005_08_21_18:45
八合目の山小屋に到着。
天気は暴風雨。
はやじのコメント↓
寒い~雨が最低ー。
未里が酸欠中です。
明日頂上行けるかなー?このままじゃ無理だ~。

3.7合目より

2005/08/21 Sun

7合目-2005_08_21_14:15
14:05到着。
頂上まで見えるような見えないような。
骨折したかもなおじさんに遭遇。はやじオンブで風があたらない場所に救出。

2.六合目より

2005/08/21 Sun

6合目-2005_08_21_12:39
心臓バクバク
結構急な斜面だー

1.富士山五合目より

2005/08/21 Sun

6時半に家を出て、新宿からのバスで10:10に五合目に到着。
標高2,305m。やっぱり寒い。
現在の天気は曇りやや晴れ間。
ハヤシライスも食べたしいざ八合目の山小屋めざしてしゅっぱーつ。いってきます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。